お宮参り、七五三、家族写真、結婚式(ウェディング)出張撮影

ボンジュールフォトBONJOURPHOTO


お宮参り 七五三 東京 神社 寺院 おすすめ

富岡八幡宮
亀戸天神社
亀有香取神社
浅草神社
鳥越神社
小岩神社
篠崎浅間神社
大鷲神社
王子神社
素戔雄神社
尾久八幡神社
根津神社
湯島天満宮
簸川神社
駒込天祖神社
大塚天祖神社
石神井台氷川神社
中丸熊野神社
東新町氷川神社
板橋天祖神社
沼袋氷川神社
神明氷川神社
須賀神社
花園神社
穴八幡宮
大宮八幡宮
井草八幡宮
馬橋稲荷神社
阿佐ヶ谷神明宮
荻窪八幡神社
山王(赤坂)日枝神社
東京大神宮
水天宮
住吉神社
芝大神宮
赤坂氷川神社
乃木神社
御田八幡神社
元麻布氷川神社
金刀比羅宮
愛宕神社
品川神社
居木神社
笠森稲荷神社
戸越八幡神社
上神明天祖神社
新田神社
多摩川浅間神社
雪ヶ谷八幡神社
六郷神社
穴守稲荷神社
八雲氷川神社
明治神宮
東郷神社
金王八幡宮
鳩森八幡神社
代々木八幡宮
渋谷氷川神社
幡ヶ谷氷川神社
松陰神社
世田谷八幡宮
池尻稲荷神社
瀬田玉川神社
北澤八幡神社
石浜神社
谷保天満宮
伊豆美神社
町田天満宮

武蔵野八幡宮
築地本願寺
池上本門寺
西新井大師
増上寺
深大寺
鬼子母
神明宮
牛嶋神社
田無神社
杵築大社
鹿嶋神社
小金井神社
春日神社
大鳥神社
白髭神社
徳持神社
築土八幡神社
鮫洲八幡神社
清水稲荷神社
等々力不動尊
碑文谷八幡宮
神田明神
白山神社
羽田神社

お宮参り



お宮参り(おみやまいり)とは
赤ちゃんが無事に生誕1か月目を迎えたことを
産土神に感謝して報告する行事である
初宮参り(はつみやまいり)とも
通常、単に宮参り(お宮参り)というと初宮参りのことを指す

日本には赤ちゃんの誕生と健やかな成長を願って
生誕約1か月目に両親と父方の祖母が付き添って
神社にお宮参りをする風習がある
現代では父方の祖母だけでなく
母方の祖母が付き添うことも多くなっている

一般的に男の子は生後31日や32日
女の子は32日や33日に
行われるようであるが各地域で様々である
最近では主に生後1か月頃に行われていることが多い

京都においては女の子が早くお嫁に行けるようにと
男の子よりも早い時期にお宮参りを済ませる風習がある

七五三
七五三(しちごさん)とは7歳、5歳、3歳の
子どもの成長を祝う日本の年中行事であり
神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である
徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の
健康を祈って始まったとされる説が有力である

11月15日は、子供の成長を祝って
神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁による)
現在では全国で盛んに行われているが
元来は関東圏における地方風俗であった

やがてこの儀は京都、大阪でも行われるようになり
だんだんと全国に広まっていった

旧暦の15日はかつては
二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり
何事をするにも吉であるとされた
また旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり
その月の満月の日である15日に氏神への収穫の感謝を兼ねて
子供の成長を感謝し加護を祈るようになった
江戸時代に始まった神事であり旧暦の数え年で行うのが正式となる

神事としては感謝をささげ祝うことが重要であるとの考え方から
現代では数え年でなく満年齢で行う場合も多い
出雲大社に神が集まるとされる神在月
(他の地方では「神無月」)に7+5+3=15で15日となり
11月15日となったと言う説もあるが実際には曖昧
(そもそも神在月・神無月は旧暦10月のこと)

明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになった
現在では11月15日にこだわらずに
11月中のいずれかの土・日・祝日に行なうことも多くなっている

北海道等、寒冷地では
11月15日前後の時期は寒くなっていることから
1か月早めて10月15日に行う場合が多い

7歳の少女
現在は「七五三」という名称から
その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ
そうなりつつあるが実際には
それぞれの年齢で行う別々の異なった行事であり
3つの子供の行事を「七五三」と呼んだため
本来の神事の内容が薄れ同じ行事のように思われている
そのため現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なる

発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている
数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし
主に女の子が行う(男の子が行う例もある)
江戸時代は3歳までは
髪を剃る習慣があったためそれを終了する儀

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を
「袴儀」とし男の子が行う男子が袴を着用し始める儀

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を
「帯解きの儀」とし女の子が行う
女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀
3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」
5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
7歳はそれまでの紐付きの着物に代わって
本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする
「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである

現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み
洋服の場合もあるが和服の方が多い
少女(極稀に少年)はこの時に初めて
化粧(厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多い
最近では性別問わず三回すべて行う例も散見される
奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もある





出張撮影のボンジュールフォト

コンセプト

撮影料金

当社のこだわり

御予約

カメラマン

ボンジュールフォト 口コミ

お宮参り写真

お食い初め写真

七五三写真

ブライダルギャラリー

家族写真

バースデー、誕生日写真

赤ちゃん子供写真

赤ちゃん子供写真

よくある質問

お問い合わせ

撮影ジャンル

出張可能地域

お宮参り、七五三

着物レンタル(お宮参り用)

フォトブック作成

プリント業務

免責事項