お宮参り、七五三、家族写真、結婚式(ウェディング)出張撮影

ボンジュールフォトBONJOURPHOTO


出張撮影出張カメラマン出張撮影 料金

横浜の七五三の出張撮影は温かくて優しい
ナチュラルな写真の当社にお任せください

東京、神奈川、横浜、川崎、千葉、埼玉の
七五三、記念写真出張撮影を始め
あらゆるジャンルの出張撮影に対応いたします

国内外を併せ40回以上の賞歴を持つカメラマンが
笑顔溢れる温かい雰囲気の写真撮影を致します
温厚な人柄のカメラマンによる和やかな撮影現場と
リーズナブル&シンプルな料金設定も当社の魅力です

七五三 家族写真七五三 オシャレ


ボンジュールフォトが選ばれる理由

・自然な笑顔を引き出すカメラマンの人柄
・写真編集が丁寧で写真の質が高い
・シンプル&リーズナブルな料金設定
・絶大な人気の口コミとカメラマンの評判
・海外でも評価の高いグローバルなセンス
・お子さんや女性も安心のリラックススタイル
・おしゃれ、かわいい、優しい、温かい写真

七五三写真の出張撮影
60分32,000円(税込)より承ります
七五三写真の出張撮影のご依頼は
フォームお電話(070-5569-2771)より承ります

ボンジュールフォト メールアドレス
ボンジュールフォト 電話番号
※撮影で外出が多い為、携帯電話を明記しております

出張撮影料金に含まれる内容
・写真撮影
・撮影枚数制限なし
・交通費込み
・DVD-R 1枚を定形外郵便にて郵送(送料無料)
※土日割り増しや別途出張料金等、発生しません

出張撮影 子供

皆様にとってかけがえのない記念日を
「宝物になりうる写真 」残したい
そんな想いから仕上がりを左右する
色調、明暗、コントラストなどの画像編集を
一枚一枚丁寧に行い皆様の大切な想いを
美しく残すお手伝いをさせて戴きます

家族写真

赤ちゃんや好きな人の寝顔を見ている時の幸せ
ふわふわ毛布に包まれ温もりを感じる瞬間
木漏れ日に照らされお昼寝した時の心地よさ
そんな日常の幸せや想いを再現する様な
優しく温かいお写真を皆様にお届けします

七五三



七五三(しちごさん)とは7歳、5歳、3歳の
子どもの成長を祝う日本の年中行事であり
神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である
徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の
健康を祈って始まったとされる説が有力である

11月15日は、子供の成長を祝って
神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁による)
現在では全国で盛んに行われているが
元来は関東圏における地方風俗であった

やがてこの儀は京都、大阪でも行われるようになり
だんだんと全国に広まっていった

旧暦の15日はかつては
二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり
何事をするにも吉であるとされた
また旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり
その月の満月の日である15日に氏神への収穫の感謝を兼ねて
子供の成長を感謝し加護を祈るようになった
江戸時代に始まった神事であり旧暦の数え年で行うのが正式となる

神事としては感謝をささげ祝うことが重要であるとの考え方から
現代では数え年でなく満年齢で行う場合も多い
出雲大社に神が集まるとされる神在月
(他の地方では「神無月」)に7+5+3=15で15日となり
11月15日となったと言う説もあるが実際には曖昧
(そもそも神在月・神無月は旧暦10月のこと)

明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになった
現在では11月15日にこだわらずに
11月中のいずれかの土・日・祝日に行なうことも多くなっている

北海道等、寒冷地では
11月15日前後の時期は寒くなっていることから
1か月早めて10月15日に行う場合が多い

7歳の少女
現在は「七五三」という名称から
その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ
そうなりつつあるが実際には
それぞれの年齢で行う別々の異なった行事であり
3つの子供の行事を「七五三」と呼んだため
本来の神事の内容が薄れ同じ行事のように思われている
そのため現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なる

発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている
数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし
主に女の子が行う(男の子が行う例もある)
江戸時代は3歳までは
髪を剃る習慣があったためそれを終了する儀

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を
「袴儀」とし男の子が行う男子が袴を着用し始める儀

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を
「帯解きの儀」とし女の子が行う
女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀
3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」
5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
7歳はそれまでの紐付きの着物に代わって
本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする
「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである

現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み
洋服の場合もあるが和服の方が多い
少女(極稀に少年)はこの時に初めて
化粧(厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多い
最近では性別問わず三回すべて行う例も散見される
奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もある

横浜
横浜市(よこはまし)は関東地方南部
神奈川県の東部に位置する都市で同県の県庁所在地
政令指定都市の一つであり18区の行政区を持つ
現在の総人口は日本の市町村では最も多く
人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ
神奈川県内の市町村では、面積が最も広い
市域の過半は旧武蔵国で南西部は旧相模国
(戸塚区、泉区、栄区の全域と瀬谷区、港南区の一部)
幕末以降(詳しくは後述)から外国資本が積極的に当地に進出
そのため近代日本において有数の外資獲得力を誇った
関東大震災後は政府による積極的な振興政策により
京浜工業地帯の中核都市となった


出張撮影のボンジュールフォト

コンセプト

撮影料金

当社のこだわり

御予約

カメラマン

ボンジュールフォト 口コミ

お宮参り写真

お食い初め写真

七五三写真

ブライダルギャラリー

家族写真

バースデー、誕生日写真

赤ちゃん子供写真

赤ちゃん子供写真

よくある質問

お問い合わせ

撮影ジャンル

出張可能地域

お宮参り、七五三

着物レンタル(お宮参り用)

フォトブック作成

プリント業務

免責事項